世界遺産 五箇山菅沼合掌造り集落

Facebook

厳しい自然に耐えながら営まれてきた昔ながらの暮らし

山あいを流れる庄川のわずかな河岸段丘にある菅沼集落には、現在9戸の合掌造り家屋が残っています。日本有数の豪雪地帯という厳しい自然環境に耐える住まいとして、また、養蚕や塩硝作りという生活の糧となる仕事の場として、頑強な構造で支えた空間を合理的に生かした独自の合掌造り家屋が発達したのです。

おすすめ観光スポット

お知らせ

一覧はこちら

E198A155-A030-4777-BDC7-ADE238C9AAEE_4_5005_c
21.11.24
文化財防火デー啓発ライトアップ2022

毎年1月26日は、国で定められた「文化財防火デー」です。世界遺産 菅沼合掌造り集落では、下記の日程で文化保護の意識高揚を図り、「…